京の不動産屋さん徒然日記

京都の不動産屋さんで働いています。そこで感じた事や思うこと等、タブー無しで書いていきます。

人はここまで勘違いできるのか・・・。

いやぁ、時間がたってしまうのは早いものですね。すっかり放置ブログになってしまいましたが、決して忘れていたわけじゃないのよ💛

なんか「ブログ見たよ~」っておっしゃってくださる方が何人かおられて、その人たちのご要望に応えようと(なんか面白い事書かなきゃ~)って思っちゃって、ちょっと書いては、

「ダメだ!こんなもの!!真の笑いじゃない!!!

にぎゃーーー!!!!!」

などと、まるで締め切り前の文豪のような心理状態になってしまい、筆が進まなかったのでした・・・。

ですが近頃ようやく正気に返り、現在に至るのであります。

いやいや全く、人の勘違いというものは恐ろしいものでありまして、このような過疎ブログでさえ文豪気分になれるのですから、芸能人や有名人など、私がごとき塵芥のような人間が想像もつかない域に達しているのでありましょうなぁ。まぁ、有名人と触れ合うこともないから心配もないけど。

・・・と、ここまで書いて思い出しました。私、有名人と何度も触れ合ってるやん!

実は私、エキストラのバイトをやっていたことがあるのです。大昔の学生時代なのですがね、たまたま父の知り合いがエキストラの派遣をする会社の社長で、白羽の矢が立っちゃったわけですよ。

「えー、エキストラのバイト?やってみたい~」などと、たわけたことをいうやつは北の大地でクマの餌にでもなるといいです。甘い、甘いです。エキストラをなめてはいけません。

何しろ、ドラマの撮影は季節の先取りですから、例えば極寒の2月に春の服装で一日外に放置。冗談抜きで奥歯がガタガタと震え、血管の中から凍るほどの寒さ。一応、ストーブなどの用意はあるのですが、当然そこは有名芸能人の皆さんやスタッフの皆さんの居場所となっており、エキストラのような蟻んこ的存在が許される場所ではありません。その上、大御所タレントなどは遅刻が当たり前。半日近く待たされて通行人の役ってどういうことだよ、おい。せめてなんか歌わせろ!

しかもそんな地獄の一日拘束で日給4000円(交通費無し)。当時は景気が良かったこともあり、そんな最低バイトに人は集まらず、派遣会社の社長さんは常に知り合いに声をかけまくっていたのでした。(今なら人気のバイトかもね・・・)

んで、色々な有名人の皆さんとともに仕事を励んでいたわけなのですが、当然、有名人の皆さんはエキストラごときには目もくれず、挨拶しても「つーん」ですわ。

しゃーないけど。

そうして何度かやっているうちに本気で嫌になってきて、ある日、ついにロケ中に「体調悪いので帰らせて下さい」と言ってしまったのです。仮病だけど。

何しろその日のロケはオフィスで働くOL役。2、30人の人がいて、私ひとりいなくなったところで、どうということもなかったはずなのです。

・・・が、それを聞いていたある大御所様が「え?大丈夫?」と、本気で心配下さり、なんと!ご自身の車に連れて行って下さり「出番までここで寝ていなさい」と、車のシートを倒してあろうことかお手ずから毛布を掛けてくださいました。その上、しばらくしてから温かいコーヒーを持ってきて下さったり「出番だよ」と呼びにまで来てくださったのでした。

もう本当にごめんなさい~~~!!!

有名人の方にも本当に優しい素晴らしい方はおられるものです。

ちなみにその素晴らしい方とは庄司歌江さんです。

と、まぁここまで書いて更に記憶の蓋が開いてしまいました。そう、あれは父と共に挑んだ撮影でのこと。父は私と違い、もうこのバイトにノリノリ。本業そっちのけで楽しくやっていたのです。あろうことか、俳優の名刺まで作って・・・。

父と共にスタジオ入りしてテクテクと廊下を歩いていたら、父がいろんな人に「よ、元気?」とか「おはようさん!(夜だけど)」とか、まるで大物俳優かのように振舞っているのです。父と一緒の撮影はそれが初めてで、もう私は恥ずかしくて恥ずかしくて・・・キエテナクナリタイ

そして父はある俳優さんの肩をぽん!と叩いて「おはようさん、最近、頑張ってるね!」と宣いました。その俳優は「あ、おはようございます。ありがとうございます」と、頭を下げました。もう私は忘れられません。あの俳優さんの(え?誰だっけ・・・???)という困惑の表情を。

ちなみにその困惑の大物俳優さんは鹿○丈○さんです。

いやぁ、勘違いって本当、恐ろしいものですね!ガクブル~~

超展開!朝ドラ「おかえりモネ」

やぁ、みんな!久しぶり!元気でしたか?

私はブログのことは気にはなりつつも、面白いネタもなく、日々、ご飯食べて風呂入って寝てました(あれ?仕事は?)。いや、もう判を押したように毎日同じ生活で。まぁ規則正しいといえばそうなんですが、このところの楽しみといえば朝ドラくらいで、ほんと話題のない日々です。

※これからは朝ドラの話題が続きますので、わからない人はスルーしてくださいね!

 

で、朝ドラですよ。「おちょやん」、面白かったですねぇ。亭主が浮気して外に子供を作り、大騒ぎの末に離婚。しかも相手の女は自分がよく面倒を見ていた子だった・・・という朝ドラらしからぬドロドロ展開に毎回ハラハラしてました。そして大団円のラスト。正直、養女の春子が良い子すぎて、すごく気持ちが悪かったくらいで、他は大満足のドラマでしたわ。

 

そんなノリで新番組「おかえりモネ」を見てしまったのが悪かったのでしょうか。・・・どうにも馴染めない。いや、馴染めないのは私のせいでしょうか!?違う。全然違います!脚本が凄すぎるのが原因だと思うのです。

大体なんや?あの主人公。なんでいつも口をぽかんと開けてるの?口呼吸か?蓄膿と違うんか?あと、ちょっと頭弱い子に見えるのに、あの難関の気象予報士やて?いや、まぁ誰が何を目指そうが大きなお世話やが、無理すぎるやろ!?「雲はどうしてできるんだろう」に何か月かけるつもりやねん。その調子やと合格まで100年コースやぞ?お前、絶対、義務教育受けとらんやろ。今時、小学生でも知っとるぞ?

 

その上、月産30台の机を半年で4200台納入って、どう考えても無理やん。理科だけでなく算数も無理なんか?大丈夫か、この森林組合。いや、サンプル作る前に納期と数は調べておこうよ。みんな素朴でそういうお金計算には疎いってか?田舎、なめとるんか!?ほんま、そういうとこだぞ!

・・・まぁそれでも何とかできてしまうところが所詮は創作。ま、ええけど。

 

あ、怒りすぎて重大なことを忘れていました。なんと主人公の亡くなった祖母ですが、恐ろしいことに牡蠣に転生しているのです。まじです。そのうち主人公が祖母を食べるというスプラッタ展開に・・・なるわけもありませんよね。いくらなんでも。けどもう転生している時点で大きな一線を越えているような気がします。

 

しかし高校卒業したにもかかわらず熱伝導を理解していないのには恐怖を覚えましたよ。日本の教育の終焉を感じましたね。そんなことも知らずによく社会人やってるよな。九九を知らない大学生がいるという噂がありますが、何かを問題提起しているのでしょうか、この朝ドラは。

 

そんなわけで今、このドラマを見続けるかどうか非常に悩んでいます。そのうち面白くなるのでしょうか。私の貴重な唯一のお楽しみ時間です。まともな展開になることを心より願います。

気になること

実は去年から気になって気になって仕方がないことがあります。何とか安らかな日々を取り戻したいのですが、まだまだ時間がかかりそうなのですよ、これが。それというのも・・・。

私、車通勤なのですが、毎日五条通を通るのです。気になることというのが、その五条通の植樹帯なのです。

植樹帯、素晴らしいですよね!毎日の生活に潤いを与えてくれます。それなのに、それなのに何故、これほど植樹帯に悩み苦しまねばならぬのか!何もかも去年(?)か一昨年にうえられたオカメザサ(だと思う)のせいなのですよー!

雑草がはびこる植樹帯にメスが入り、オカメザサが植えられたのが少し前のこと。

(あー、これで見た目の悪い雑草ともおさらばだわー。良かった良かった)と安心したのも束の間。見る見るうちに再び雑草がはびこり、最早、どこに植樹したのかもわからないほど。

いや、本当言うと植えているところも見ていたのです。(植える間隔が広すぎやしないだろうか)、(ちょっとあの笹は葉先が枯れ過ぎているのではないか?)と内心、心配していたのですが、まさに的中してしまいました。

本来ならば密集して茎が増えるはずが全然増えないどころか、他の雑草のほうがどんどん増えて肝心の笹が増えるスペースがない。いや、それだけならさすがに私はそこまで気にはならない。しかし、私は見てしまいました。笹が植えられてしばらく経ったある夏の夜の事。若い男性がたった一人で雑草取りをしていたのを。

あれを見て泣かぬ人は最早、人間ではない!

私は一目見てピンときました!あの人はおそらく京都市の職員で、上司に逆らってもあの笹を植えることを押した人に違いないのです。

上司「君ぃ、笹なんて何を考えているんだ?植樹帯には従来通りツツジや西洋ツゲでいいだろう?」

若い職員「いえ、今こそ従来の考えを捨て、新しい京都を実現すべきです。和風の植物を植えることにより、忘れ去られていた和の心を京都市民に取り戻すのです!」

上司「ほざいたな、若造。ならばやってみるがいい。その代り、全責任はお前が持つのだ!」

あぁ、そんな会話がなされていたに相違ないのです。

それで雑草が増えるのを見るに堪えず、勤務時間外に夏の暑さにも耐えて、たった一人で草むしりをしていたに違いないのです。そしてそれは数日間続きました。

若い職員「じゃあ行ってくるよ」

その妻「待って!何故?何故そこまでするの?植樹帯なんて放っておけばいいのよ。どうせ年間の整備計画は決まっているのでしょう?そのうちに計画に従ってあそこもまた雑草取りが入るわ!」

若い職員「それまで持たないんだ。この夏の暑さで笹が弱っている。雨も降らない・・・その上、雑草に栄養を取られて・・・。京都市民のために僕はやらねばならない!」

その妻「あなたー!!」

きっとそんな事もあったに違いありません。そしてその数日後・・・。

他の職員「若いの、たった一人でこのクソ暑い中、何をやってるんだ?」

若い職員「ぼ、僕は・・・この笹を、大きく育てなければならない責任が・・・ハァハァ」

他の職員「ふっ・・・たまには頼るってことも知らなきゃいけないぜ。京都の緑は俺たちみんなで守るんだ」

若い職員「ああっ!そ、それは・・・!?」

そうです。ある日、そこにはほかの職員により水が撒かれました。灌水隊です。大量の水を湛えたタンク車から、植樹帯に恵みの雨がもたらされたのでした。私は年間通してこの熱い人間ドラマをずっと見ていたのです。

ブラボー!仲間って素晴らしいですね!これで笹が枯れることは阻止されました・・・阻止はされましたが、灌水により、また雑草にも水が・・・。

そんなわけで再び草ボーボーです。若い職員はもう見ません。責任を取らされて左遷でもされてしまったかもしれません。

そしてここ数日、業者による雑草取りがされています。一体今後、どうなることやら。この夏はどう乗り切るのか!?

もう植樹帯から目が離せないのであります。

眞子様ご結婚問題

このブログ、タブー無しと銘打っているからには、まずしょっぱなから大きな禁忌を超えねばなりません。そうしてこそ真の覚悟が生まれるというもの。

と、いうわけで皇族方の話題です。眞子様ご結婚問題です。

こう見えても私、国士であります。常に日本のため身を捧げ尽くす覚悟であります。

ですので眞子様のご婚約が内定した際は、心から喜び、そのお幸せを願ったものです・・・んが!

その後、心配な報道が次々と流れ、いつしか「駄目だ!ご結婚などとんでもない。申し訳ないが破談とすべきである!」という風に思うようになってしまいました。

でも今は違います。前述の意見を一時的とはいえ持ってしまったことを深く恥じるばかりです。むしろご結婚すべきであります。大賛成です。もう「何やってんだ?早いとこ、ご結婚しちゃえ!」と、そのように考えている次第であります。

その理由は以下のとおりです。

その1

まず、この報道があってからというもの、ず~~~っと停滞状態。庶民の知らぬところで動きがあったかもしれませんが、兎に角、このままでは傷つく人は増えても誰一人幸せにはならないのであります。

その2

お二人とも成人されており、最早ご結婚に親の同意すら必要ない年齢です。眞子様は戸籍がないので難しい問題もありますが、そもそも結婚というプライベートな問題に赤の他人がとやかく言う筋合いはないわけで「おめでとうございます」以外の事を言う資格もないのです。

大体、かわいそうではありませんか?一人の女性として結婚を夢見て何が悪い!?それを関係のない周りがごちゃごちゃ言って破談に追い込むなどとんでもないことです。国民一人一人がひどい話なのだという自覚を持つべきです。

・・・・・・は?眞子様のご結婚にあたり税金が投入されると?それが嫌なんだと?

ふはははは、待っていましたよ、まさにそこですよね?一番の問題は!

やっぱり金だぜ、話の肝はさー!!

先ほどご結婚大賛成と申し上げましたが、実は条件付きです。お金を一円も出さず、将来、女性宮家が仮に創設されても入らないと一筆したためるという条件付きなのです。

お金を出さないのなら口も出せない。これ、当然ですよね?これで多くの国民も納得せざるを得ない。

プリンセスの立場に居られた方がそれはあまりに・・・というのであれば、そう思う人が出せばよい。私も僅かばかりのお金ですが出す気持ちはあります。ましてや皇族を離れて市井の人になるのです。一般人が結婚にあたって親御さんなりの援助が期待できないというのはよくある話ですからね。ただ、生活するのにお金が必要ですが眞子様が普通の会社に就職などは難しいと思いますから、そこは国が責任をもって眞子様に就職の口利きをすればいいと思います。ほら、よくある何とか研究所とかですよ。(うちの社長も眞子様なら喜んで内定を出すといっていますがね)

それで万事解決。あー、良かった良かった。

巷で噂されるように、本当にお相手やその親御さんがお金目的であれば、それで結論も出るでしょう。ましてや「お金なんていらない。君がいればそれでいい☆彡」という人でなければ、どの家の親御さんも娘さんを嫁がせる気になんてなりはしませんよ。

これは眞子さまを守ることにも繋がります。持っているから狙われる。(だから私は狙われない。・・・えっ!?)

それでもし帰ってくることになれば暖かく迎えてあげればよいだけです。

結婚するご当人も、それくらいの覚悟もないならやめた方がいいと思います。

どうでしょう?

選挙活動 2017年10月13日のブログです

もうすぐ衆院選ですね。これは大変重要なことです。国民にとって、国のあり方を決定する、非常に大切な、重要な、肝要な、意義深い、重大なことです。・・・わかっている、わかっておりますとも。私もよき国民の一人として、衆院選が適切に行われることを願っております。おり、おり・・・お、おります・・・が、が、我慢にも限度っちゅーもんがあるんじゃい!

我が家の斜め向かいがスーパーでして、いや、便利ですが、その前がちょっとした広場になっているのです。そこに連日連日選挙の演説がくるのです。もうね、ほんと、許して・・・堪忍してください。ご容赦ください。やかましすぎる・・・。

一体、私にどのような咎があってこんな目にあうのでしょうか。朝は朝とて必死の怒鳴り声。1回言うたらわかりますよ。しかしよく聞こえなかった方もいらっしゃるだろうから、5回、いや、立候補者も一所懸命なのですから10回までは許す・・・いや、出血大サービスで30回どうぞお怒鳴り下さい。けれども、けれども何回連呼するんだよ?あんたは!!

仕事から帰ってもまだ叫んでる。その他の候補も幹線道路が近いこともあって、様々な選挙カーが通る。もうね、まともな住環境ではなくなるのであります。窓を閉めても聞こえてくるので、もうこっちが耳をふさぐしかありません。

調べてみたら、活動時間は朝の八時から夜の八時までなんだってね。うぐう・・・。

以前、体調が悪くて寝ている時もずーっと演説。よっぽど涙ながらに「勘弁してくれぇ!」と頼みに行こうと思ったことか。しかし彼らはちゃんと定められたルールを守って選挙活動を行っているわけです。ちょっと頭の痛いというおばはんが頼んだところでやめてくれるとも思えず、いや、あの時は既に頼みに行くという気力、体力ともに失っていました。私にできることは枕を被って聞こえないふりをするだけでした。

平成25年にインターネット選挙活動が認められるようになりましたし、新聞やポスターなどの活動もあるわけですし、テレビでも党首討論とかもやってるわけですし、もうちょっと最大音量で叫ぶスタイルを見直してはいただけないでしょうかね。だって正直、大したことは言ってない・・・おっと、失言。

否が応でも聞こえてくるのですが、例えば「当選したらこんなことをやりたい」とか建設的なことを云ってくれりゃいいのに「なんとしても倒さねばならない!」とか「皆様のお力で国政に送り出していただきたい」とか言うばかりで、これじゃ、あんたの何を信じて投票すればいいのかわからんよ・・・と思うわけです。

私は決めています。あの場所でしつこく選挙演説をする奴には絶対投票しないと。だって、こんなに演説聴いてるのに、国会で何をするつもりなのか、さっぱりわからないんですから。こんな調子じゃきっと国政に送り出しても、必死で叫ぶばかりで、何を主張しているのかわかる人はいないでしょう。

まぁ兎に角、選挙活動の見直しをしてくれる候補に私は投票したい!

・・・って、いないんだろうなぁ。やっぱし。

入社試験 2017年5月29日のブログです

 


いやはや、誠に申し訳ないことで前回ブログを更新したのが4月1日!つまり2か月近くさぼってしまったことになります。お恥ずかしや・・・。正直、うこのままバックレ・・・いや、ウォッホン!げほげほ・・・。

さてさて、もうすぐ6月ということで我がミサキハウジングにも新人が・・・てなことはないのですが、営業や何やかんやで弊社を訪れて下さる皆様の顔ぶれが、フレッシュです。そう、新卒さんが研修を終えて前線に投入されているのです。

あー、若いっていいな♪老人の加齢臭とは違う!若いエキスのフレグランスが堪らん~

・・・などと、うっかり社長に知られたら一本背負いを喰らいそうなことを考えてしまうくらいの瑞々しさです。

ところで、入社といえばSPIですな。え?何それって?これがわからない人はジジババの誹りを受けても仕方がありません。SPIとかその類似のテストは今や多くの企業で採用されている適性検査なのです。

適性検査といって侮るなかれ!

~あなたが草原を歩いていると向こうからライオンさんが歩いてきました。隠れるところはありません。さて、どうする!?~

なんてナメた問題は一問もありません。事前に問題集を解き、ある程度対策しておかなければ、解けないような問題ばかり。だって、鶴亀算とか食塩水問題とか完全に忘れてるもの!いや、それ以前にできないもの!無理やもん。

SPIはそもそもリクルートが開発したらしいのですが、本当に余計なものを開発してくれたものです。しかしですね、世の中にはもっともーっと難しい試験を実施している会社があります。そう、GoogleとかマイクロソフトとかのIT企業です。ちょっと見てみましたけど、あれはいかんね。解なしとか普通にあるし、とてもとても私のような真面目一本の人間のやる試験じゃないです。けれど中には時々簡単なものもあります。

例えば・・・

Q1 三匹同時に乗った重さは何キロですか?(時間制限30秒!)(答えは下に。反転してください)

f:id:misakinobibibisan:20190401125247p:plain

Q2 時計の長針と短針は1日に何回重なりますか?(時間制限15秒!)(答えは下に。反転してください)

 

如何でしたか?・・・私には無理っす!

 

 

A Q1 (10+20+24)÷2=27 27㎏

A Q2 一日に長針が24回転、短針が2回転するので24-2=22 22回